楽華の集い2015を開催いたしました

【概要】

日時:2015年11月3日   18時より21時30分まで

※17:15よりウェルカムドリンクとしてお抹茶席を設けました。

会場:浅草料亭  瓢庵

目的:日本の伝統文化を保存・継承するため、文化の担い手を支援し、魅力を伝えます。

内容:例年文化の日に開催している当会の恒例イベント。当会で伝統文化の魅力を伝える方法を模索しながら企画し、料亭で会席を味わいつつ、日本の伝統芸能を楽しんでいただく会となっています。

 

【内容ご報告】

▼お抹茶のウェルカムドリンクコーナー

17時15分より1階ロビーにてウェルカムドリンクとしてお抹茶席を設けました。2014年に試みとして本格的な茶道の形式でおこないましたが、今回は昨年以上に参加者の皆様に喜ばれ、会主も茶道部も大きくやりがいを感じられたようでした。

▼吉原花柳界のお座敷伝統芸「二調鼓」

演目の第1番目には長唄「鶴亀」を吉原花柳界のお座敷伝統芸の「二調鼓」を三味線、唄、太鼓と共に演奏していただきました。今では担い手のいない貴重な芸となっており、貫録漂う姿に引き込まれ、開宴とともに鑑賞に集中する空気が流れました。

▼ミカド香奈子・松村湧太「二重奏」

尺八奏者でピアニスト、テノール歌手と多彩な若手演奏家・松村湧太さんの出演は既に会にとって必要不可欠となっています。2014年から出演の、民謡・端唄の師匠で篠笛の名手、ミカド香奈子さんと尺八・松村湧太さんの二重奏は、素晴らしい音色と美形2人の美しさにご来場者のみなさまもため息を漏らし魅了されていました。

▼吉原大道芸「狐舞ひ」と「江戸紙切り」

2013年から出演の吉原大道芸「狐舞ひ」社中の芸、2014年から出演の「江戸紙切り」三遊亭絵馬師匠の名人芸に会場は大盛り上がりとなりました。

▼浅草芸者衆

浅草芸者衆の艶やかな踊りに三味線の弾き歌い、鳴物も花柳界の料亭と「楽華の集い」ならではの醍醐味です。大サービスの恒例「お座敷遊び」はトラトラや野球拳。和服姿の女性や男性のお客さまが芸者衆と本気の対決をします。楽しい罰杯で和やかにゲーム終了となりました。

【まとめ】

例年に引き続き、ご来場者のみなさまより、1度にこれほどの幅広い芸を堪能でき、料亭自慢の会席料理と美酒と、浅草芸者衆に酔い痴れる会は他にはないとのお褒めのお言葉を頂戴しました。2008年より継続しておりますが、3年ほど前から、翌年のご予約のお申し込みをされる方が多くなりました。支援のために始めた企画ではありますが、会場、出演者、協力者、ご来場者のみなさまには感激と感謝でいっぱいです。

2016年11月3日は尺八、ピアノ、ドラムの三重奏など、新しい試みを取り入れ更に進化した芸を用意しております。次回開催もどうぞご期待ください。

NPO法人舞音の守ユネスコクラブ会長 稲木きよ子

 

IMG_7575 IMG_7571 IMG_7106 IMG_7027 IMG_6851 IMG_6841IMG_6891