楽華の集い2014 ※終了いたしました

お陰さまで楽華の集い2014は満員御礼にて開催終了いたしました。

来年もよろしくお願いいたします。

—————————————————

今年も恒例の楽華の集いを開催いたします。
30名限定でのご案内となりますので、お早目にお申込みいただけますと幸いです。
ぜひ、奮ってご参加くださいませ。
今回は新しい会場に、新しい試みを加えさらに華やかな会となっております。
みなさまに花柳界と伝統芸能をお楽しみいただくため、スタッフ一同心を込めて準備してまいります。

 

楽華の集い2014チラシ

※チラシ画像はこちらをクリックで拡大できます
楽華の集い2014チラシ

 

【日時】

2014年11月3日(月・祝)
17:00開場、18:00開宴、20:30閉宴

※開場から開宴までの間はお茶席のご用意がございます。

【会場】

料亭 婦志多

台東区浅草3-22-5
03-3874-4151

【内容】

料亭のお食事を味わいながら、様々な伝統芸能と芸者衆の踊りを楽しんでいただけます。
また、お茶席のご用意がございます。

【出演者と演目】

楽華の集い2014も多彩な伝統芸をお楽しみいただけます。
舞音の守選りすぐりの出演者にご期待くださいませ。

尺八演奏 松村湧太
笛・唄・三味線 ミカド香奈子
紙切り 三遊亭絵馬
狐舞ひ 吉原狐社中
芸者衆秋の踊り浅草芸者衆
幇間芸 桜川米七
※芸者衆とのお座敷遊びがこざいます

【会費】

2万5千円

【お申込み】

公式サイトのお問い合わせフォームに以下をご記載くださいませ。
会費のお振込みをもって受付となります。

・ご人数
・代表者と参加者全員のお名前
・代表者と参加者全員のお電話番号
・代表者のご住所

※10月25日(土)のご入金が締切となります。

舞音の守ユネスコクラブ公式サイト
お問い合わせフォームはこちらをクリック

 

【稲木会長ご挨拶】

「楽華の集い」のはじまりは花柳界の衰退を嘆き安じた私が、東京時代まつりが行われる11月3日・文化の日に因み
、6年前に開催し今回で7回となります。
花柳界と言う言葉さえ知らない方がたくさんおります。
「浅草って芸者さんがいるの?」と聞かれることも少なく有りません。
きっかけは花柳界でしたけれど、和文化全体の悩みでも有ると考えました。
芸者衆一人一人の伝統文化に関する経済効果はとても大きく、花柳界が滅してしまうと、伝統芸、伝統工芸、その他の伝統文化が日本から消え行く日が近づくのでは無いかと恐れを抱いております。
例えば、日本髪の鬘、日本髪用簪、呉服関係、和楽器と和楽器を使用しての芸事、その他の需要が大幅に減少します。
今、海外が日本に求めているのは、日本ならではの伝統文化です。文化の無い国に発展は有り得ません。
日本人の、伝統文化に対する意識の低さに悲しい思いでいっぱいです。
「金額が高い」「敷居が高い」との声も聞こえて来ます。では、安ければ、敷居が低ければ、伝統文化は保存継承して行けるのでしょうか?
この件はまたいづれ論じて行くつもりです。

過去、浅草見番にて2回、割烹家一直にて5回、行いました。
結果、サービスとお客様数などを考慮し、今回は老舗料亭・婦志多に決定致しました。割烹家一直さん同様、一流の料理長のお料理は皆さまにご満足頂けると思います。(ドリンク付きです)
花柳界の宝とも言われている、ゆう子お姐さん、美しい君和お姐さん、愛らしい雛妓の千華さんに、浅草幇間のトップ桜川米七師匠のお座敷芸やお座敷遊びを含め、尺八・松村湧太さん、笛・唄・三味線・ミカド香奈子さん、江戸紙切り芸・三遊亭絵馬師匠。そして、昨年、大人気だった吉原伝統の大道芸・狐舞ひの皆さん。これでもかと言うほどの顔触れです。
婦志多さんの茶室をお借りして、人力車で有名な時代屋・珠乃先生のお点前、半東は芸者・君和さん。
これでもかと言うほどのサービスです。
芸者衆、幇間芸、尺八、笛、民謡、紙切り、狐舞ひの全てを一つ一つご覧になられたらお幾らするでしょうか。一流料亭で食事をしたらお幾らでしょうか。
お点前一席はお幾らなのでしょう。
全てをご覧になられても会費は高いでしょうか。三遊亭絵馬師匠の紙切り中のお話は「噺」です。1つで2度美味しいです。
松村湧太さんの尺八演奏も1つで3度美味しいと思います。

日本人として生きる意味と意義を見出して貰える様な素晴らしい会です。
ちまちまと飲んだり食べたりと使うお金を少しだけ減らして、有意義に使って戴けたら、その様に願って立ち上げた「楽華の集い」です。

どうかよろしくお願い致します。

会長 稲木きよ子

 

※画像は過去の開催の様子です。